休日に聴くおしゃれな洋楽はJack Johnsonがおすすめ♪

LIFE HACK

爽やかなサウンドにゆったりした心地よいおしゃれなメロディ。

のんびり過ごす休日にぴったりなJack Johnsonの曲を紹介します。

Jack Johnsonとは

ハワイオアフ島出身のシンガーソングライターで、オーガニックミュージックの代表格といわれているジャック・ジョンソン。

高校生の時にプロの契約を交わした元サーファーで、17歳の時にサーフィンで大怪我をしたことをきっかけに、趣味のひとつであった音楽や映像などのクリエイティブ活動に転身。

おしゃれで心地よい彼の音楽は口コミで広がり、2006年には映画『キュリアス・ジョージ(おさるのジョージ)』のサウンドトラックを担当し全米チャート1位を獲得するなど、彼自身を取り巻く環境が大きく変化する中、彼は家族との時間を最優先するためにしばらく表立った活動を休止する。

彼にとっていちばん大切なものは愛する家族なのだ。

地元ハワイでは子どもたちのための環境教育活動に自ら出向き取り組むなど、現在もっとも環境問題に力を入れているミュージシャンの一人だ。

おすすめの曲ベスト3

アコースティックギターとゆる〜い空気感が漂うジャック・ジョンソンの音楽はどれもいい曲が多いのですが、その中で特におすすめの曲を3つ紹介します。

どれもyoutubeで聴くことができるのでぜひ聴いてみてください。

Banana Pancakes

Jack Johnson – banana pancakes

私が一番好きな曲はこれです。

休日の朝にパンケーキを食べながら聴きたい曲ナンバーワン!

歌詞もとても素敵な曲です。

雨が降っているのが見えるだろう?

だから外に出かけなくてもいいんだ

君はやらなきゃいけないことのために

いつも早起きしようとするけれど

もう少しゆっくり眠ってていいよ

僕がバナナパンケーキを作るから

週末みたいにのんびり過ごそうよ

朝から電話がうるさく鳴っているけれど

出なくていいよ

僕たちに必要なものは全てここにあるから

僕たちにはこれで十分だ

目覚まし時計のアラームなんて気にしないで

早く起きる必要なんてないのだから

ゆっくり起きようよ

(歌詞の一部を抜粋して紹介しています)

Better Together

better together- jack johnson

ジャック・ジョンソンといえばこの曲。

カフェなどで一度は聴いたことがあるのではないでしょうか?

心地よいリズムと歌声がリラックスでき、休日の午後にコーヒーを飲みながら読書する時などにぴったりの曲です。

そしてやっぱり歌詞も素敵です!

いつも簡単なわけじゃない

時には裏切られることもあるのが人生だ

1つだけ君に教えてあげよう

いつだって二人で

一緒にいればいいんだよ

いつだって二人で

一緒にいる方がいい

二人で一緒に星空を眺めよう

それほど多くの事を

抱え込む必要はないし

行かなきゃいけない場所が

たくさんあるわけでもない

今はマンゴーの木の下に

ただ座っていよう

いつだって二人で

一緒にいる方がいい

(歌詞の一部を抜粋して紹介しています)

Upside Down

Jack Johnson – Upside Down

ジャックが音楽を担当したことで話題にもなった映画『キュリアス・ジョージ』の主題歌です。

周りの人から無理だと言われても夢を追いかける歌詞がとても素敵です。

誰が言ったの?

不可能だなんて

でも僕はやってみるよ

前に進みながら

誰も見つけられなかったものを

見つけるんだ

世界は回り続けてるんだ

無駄にする時間なんてない

ひっくり返したいんだ

誰かが見つからないと言っていても

この気持ちを忘れたくない

きっと見つけられるはずだから

(歌詞の一部を抜粋して紹介しています)

おすすめのアルバムは?

初めて買うならIn Between Dreamsがおすすめ。

何度聴いても聴き飽きなくて、ずっと流していたい。

邪魔しない心地よい曲ばかりなので、作業のBGMやドライブにもおすすめのアルバムです。

『Better Together』や『Banana Pancakes』の他にも人気の曲がたくさん収録されています。

ジャケットもおしゃれ。

コメント