コストコおすすめ商品その1『ミルクを食べる乳酪バター』

COSTCO

コストコ歴10年の我が家がコストコで定期的に購入するリピート商品のご紹介をしたいと思います。

まず一つめは、マリンフードの「ミルクを食べる乳酪バター」(有塩) 450gです。

我が家の朝食に欠かせないバターとなっております。

塩分もそれほど強くないのでお料理にも使っています。

この「ミルクを食べる乳酪バター」は名前のとおり、ミルクのようにまろやかでクリーミーなバターです。

原産国は酪農王国のニュージーランドです。

コストコで878円(税込)です。(2019年3月現在)

黄色いバター

日本のバターは白っぽいのですが、こちらのバターは黄色いです。

マリンフードさんのHPによると、

ニュージーランドでは乳牛は広大な牧場で放牧され、カロテンを多く含む牧草を食べて育つため、黄色味が強いバターになります。一方、国内ではとうもろこしや小麦、大豆かすなどの配合飼料等を与えて乳牛を育てるため、白っぽいバターになります。

https://www.marinfood.co.jp/customer/item/butter/


なるほど。

ニュージーランドの広々とした草原でのびのびと育てられ、新鮮な青い草をいっぱい食べた牛さんから作られているのですね。

↓今朝の私のシンプルな朝食です。

ちなみにコーヒーとくまのはちみつもコストコです( *´艸`)

商品概要

原材料:生乳、食塩

内容量:450g

保存方法:要冷蔵(10℃以下)

賞味期限:6ヶ月

  • 食塩を添加したタイプのバターです。
  • 添加物は使用されていません。

栄養成分表示(100gあたり)

エネルギー:739kcal

たんぱく質:0.7g

脂質:81.4g

炭水化物:0.9g

ナトリウム:540mg

(食塩相当量):1.4g

日本はバターが世界一高い国

日本のバター価格はドイツやニュージーランドなどの海外に比べると4倍も高いそうです。

日本では高級なフランスのエシレバターは、日本で買うと250gで2500円くらいしますが、フランスのスーパーで買うと330円くらいで買えます。

日本の8分の1くらいで買えるので、フランス旅行のお土産に買う人が多いそうです。

なぜ日本のバターは高いのでしょうか?

酪農家の減少が原因とかなんとか言われていますが、裏にはどうも大人の事情があるようです。

まあ、そういうことです。

コメント