「頑張れ」という言葉が嫌いな人が多いワケ

SIMPLE LIFE


「頑張れ」って昔からよく使われる言葉の一つですよね。

言う方は、とくに悪気もなく相手を応援したり、

励ますつもりで「頑張れ」と言うようですが、

実は、この「頑張れ」という言葉が嫌いな人って結構多いんです。

特に、うつ病の人には「頑張れと言ってはいけない」と言われています。

なぜ「頑張れ」と言われたくないのか

頑張っているのに、「頑張れ!頑張れ!」って言われたら

「言われなくても頑張っているよ!」

「これ以上どう頑張れっていうんだ?!」

と思ってしまうのです。

この「頑張れ」という言葉は頑張っている人や

精神的に追い込まれている人にとって

さらに追い打ちをかけ、プレッシャーになります。

「頑張れ、もっと頑張れ、死ぬ気で頑張れ!」

ブラック企業かよ?!(-_-)

じゃあなんて言えばいいのか?

アメリカだと、「You can do it! 」「あなたなら出来るわよ!」や

「good job,good job」「いいぞ、よくやってるぞ」といいます。

それだと、褒められているみたいで気分がよくなりますよね。

友達や恋人や家族が落ち込んでいる時、励ましたい時は、

自分が落ち込んだ時に、どうしてほしいかを考えればいいのです。

まず、「何かあった?」と聞いてみて

いろいろ話しだしたら、うんうんと話をよく聞いてあげてください。

「別に」とか話したがらない場合は、無理に話を聞き出そうとせず、

そっとしておいてあげてください。

かといってほったらかしにするのではなく、

チョコレートやスイーツなどをさりげなく差し出してあげれば、

気にかけてくれてるんだなと思って嬉しくなります。

さりげない優しさが心にしみて頑張れるんです。

頑張りすぎないでゆるく生きよう

日本は「頑張ること」が美徳とされています。

子供の頃から、「頑張れ」と言われて育ちます。

そして大人になると、みんな頑張りすぎて疲れています。

頑張りすぎて疲れたらひと休みしましょう。

頑張ることを止めると、楽に生きられ、自分らしく生きられ、毎日が楽しくなります。

頑張らない人は怠け者だ!とか、仕事ができないやつだとか思う人もいるかもしれませんが、

あのタモリさんや、所ショージさんの好きな言葉は『適当』だそうです。

二人とも頑張らない生き方をされています。

でもちゃんと成功されてますよね。

一生懸命のんびりしよう

人生はニャンとかなる!-明日に幸福をまねく68の方法 

コメント