初めての冬キャンプ。対策とポイント

CAMP

f:id:chibi148:20190130122059j:plain

寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

少し前になりますが、1月初旬に行ってきた冬キャンプのレポをしたいと思います。

1月のキャンプは初めてで、寒さに耐えられるか若干の不安がありましたが、キャンプ場選びや、持ち物などを工夫することで無事に終えることができました。

少しでも参考になれば幸いです。

冬キャンプのポイント

 その1 キャンプ場選び

山奥にあるキャンプ場は雪とか降りそうなので、今回は淡路島で探すことに。

淡路島のキャンプといえば、オーシャンビューが気持ちよさそうですが、

海沿いは風が強そうなので、淡路島の中央あたりにあるウェルネスパーク五色オートキャンプ場にしました。

明石海峡大橋を渡り、綺麗な海を眺めながら海沿いをドライブ。気持ちいい!

f:id:chibi148:20190130122109j:plain

ウェルネスパーク五色オートキャンプ場

小高い丘の上にあり、海は見えませんがとても広くて開放感があります。

f:id:chibi148:20190130130506j:plain

トイレもウォシュレット付きで綺麗でした。

清掃も行き届いています。

f:id:chibi148:20190130122134j:plain

f:id:chibi148:20190130122141j:plain

その2 電源付きサイトを選ぶべし

f:id:chibi148:20190130122150j:plain

ウェルネスパーク五色オートキャンプ場は各サイトに電源とシンクが付いているのでとても便利です。

長めの延長コードが必須

コンセントは、たいていサイトの端っこにあるので、長めの延長コードが必須です。

Amazonで購入しました。

その3 暖房器具などを持ち込む

電気ストーブや電気毛布など持ち込めば冬でも快適にキャンプが楽しめます。

冬キャンプは絶対電源付きのサイトをおすすめします!

f:id:chibi148:20190130114035j:plain

  その4 キャンプ料理はあったまるものがいい!

キャンプといえば、豪快なステーキや焼肉、インスタ映えするおしゃれなキャンプ飯もいいけれど、日が暮れ出すと、急に寒くなるので冬キャンプは鍋などの体があったまるものがいいです。

f:id:chibi148:20190130122118j:plain

夕食は牡蠣入りのキムチ鍋で体もポカポカ。

f:id:chibi148:20190130122811j:plain

おやつにぜんざいを作りました。

f:id:chibi148:20190130122113j:plain

翌朝の朝食は、ライオンコーヒーとホットック。

f:id:chibi148:20190130123622j:plain

ホットックの素はカルディで購入しました。

水を入れてこねて焼くだけです。

シナモンシュガーが入っていて甘くておいしい。

f:id:chibi148:20190130123106j:plain

その5  防寒対策をしっかりと

f:id:chibi148:20190130122123j:plain

冬なので服装はもちろんですが、寝るときの防寒対策もとても大事です。

寒くて眠れない。。。ということのないようにしたいですね。

私は寝るときも厚手のレギンスと靴下を履き、ユニクロのウルトラライトダウンを着て寝ました。

ユニクロのウルトラライトダウンは薄くて軽いので着たままでも寝苦しさはありません。

テントの中は、地面からの底冷えを防ぐために厚めの銀マットを敷き、シュラフの下には膨らむマット、シュラフの中に湯たんぽ、シュラフの上に毛布を掛けて寝ました。

マットはこれを使っています↓

しっかり対策をすれば、とても楽しめるのでオススメです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント